羨ましいから憧れへ。

ホーム / 未分類 / 羨ましいから憧れへ。

ある友人に一年ぶりに再会しました。 ランチからディナーまでの時間を一緒に過ごしたのですが、彼女に言われたことがあります。 「この前会ったときとだいぶ変わったよね。人が言うことを聞くようになったし、ちゃんと考えるようになった。環境を変えたことがあなたにいい影響を与えたんだね」と。 一年半前、私は大きな決断をしました。 10年以上働いたある企業を辞めたのです。 その会社で私は、ずっとつらかったのです。人間関係に悩み、自分自身に悩んでいました。長年、セクハラやパワハラを受けていました。 そんな「暗黒の時代」まっただなかの私にしかあったことなかったその友人はすっかり変わった私に驚いている様子でした。 そして、喜んでくれました。元気になってよかった、と。 バリバリのキャリアウーマンとして働き、地に足をつけて生きていて大きな夢に向かって確実に前進し、その夢をかなえるために努力を惜しまずにいる彼女はキラキラしています。。 そんな彼女に褒められて、私はとても嬉しかったし認められたような気持ちになりました。 彼女に対する思いも、すこし変わりました。前の「うらやましい」から「憧れ」へ。 褒められて純粋に嬉しいと思えたことがまた嬉しかったです。 今度は私自身が、憧れられるような存在になれるよう頑張ろうと思いました。こちら