内閣などを勉強しました

ホーム / 未分類 / 内閣などを勉強しました

勉強をしました。日米相互協力及び安全保障条約(新安保条約)は、アメリカの日本防衛義務や在日アメリカ軍の軍事行動についての事前協議の必要性を明らかにし、条約期限も10年と明記されました。しかし同時に条約は日本の自衛力増強も義務づけ、互いの経済協力の促進も規定していました。革新勢力はこの条約によって日本がアメリカの対アジア戦略体制に引きこまれる危険性が強まるとして、反対運動を展開しました。1960年代の政界の特徴は、自民党政権が長期安定化したことです。岸内閣のあとを受けた池田勇人内閣は革新勢力との対決をさけ、経済大国への発展をめざしました。そして所得倍増という国民にわかりやすいスローガンをかかげ、経済の高度成長政策を推進し中国との貿易拡大もすすめました。1964年にあとを受けた佐藤栄作内閣は、順調な経済発展を背景にアジアの自由主義陣営との結束を強めながら外交問題の懸案解決に乗り出しました。まず、日韓国交の正常化につとめ1965年に日韓基本条約を結びました。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較